2013年12月20日 (金)

ぶらぶら旅 5日目

サービスエリアで仮眠をとり朝5時にまずは外宮へ
Dsc_0135

お清めしてから
Dsc_5814

お参りに
Dsc_5833
奥にあるのが新宮ですね
Dsc_5831
別宮もいろいろお参りしまして
Dsc_5848
しかし朝の5時から沢山の人でびっくりでしたw

Dsc_0146
内宮へ移動~♪
Dsc_0147_2

Dsc_5853
ここをくぐり川をわたるとなぜか背筋がのびる感じです

Dsc_5854
五十鈴川でも手を清めようとしたら思った以上に水面が遠くてw
Dsc_5856

Fb_img_13790238302771251
本宮前です。ここまでくる間に憑いているものが落ちて行くような感じがしました
Dsc_5872
新宮の入り口です~

こちらでも別宮のお参りをして
Dsc_5879

世間にもどりました
Dsc_5896

不思議な空間でした
厳粛にならざるえない空気というのでしょうか
しらずしらずのうちに背筋がのび、
悪い物がひとつひとつ取れていくような感覚

朝早くということで比較的人がすくなかったのもあるかもしれません

もっといたかったのですがそろそろ戻らないと・・
7時前から3時間ほどあるきまわり、汗だくになりましたw
10時くらいに伊勢神宮を後にして休憩しながら22時くらいに到着
しめて
Dsc_0153
2466キロの旅でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

ぶらぶら旅 3日目

舞鶴より豊岡、出石まで移動
出石というと、出石城とおそば

辰鼓楼いう日本最古といわれる時計台があります
091108
もともとは城主登城を知らせる太鼓を叩く櫓だったとか
最古の時計台というのも、札幌時計台と同時期でどちらが古いのやらということのようで

さて、出石城。城趾として辰鼓櫓、堀、石垣などが現存、また隅櫓、登城門・登城橋などが復元されているとのこと。
今回みにいきませんでしたけどねw

このお殿様松平氏と 信州上田の仙石氏がお国替えとなったとき、仙石氏は信州からそば職人を連れてきたことに始まるとされてますね

沢山おそばやさんありますが、こちら
091101
お昼前にうかがいましたが、常連さんに何こいつ。みたいな感じがありましたがw

出石のおそばは皿そばといいまして割り子そばの形態になってます
091102
1皿単位で追加できますからものたりない時嬉しいですね
男性は20皿たべると、そば通の証明をもらえるとか。
4人前かぁ・・

しかし、皿を追加せずに、限定の10割り蕎麦を
091103
蕎麦の美味しい時期ではありませんが、おいしかったです

わさびが
091104
さめ皮ですからね!

今回はお昼だけでしたけど、ちゃんと時間をとって訪れたいところです

さてここから山陽道めざし、まずは和田山ICへ。山越えです
ナビまかせですが、この道本当に大丈夫なの??

かなり怖い道でしたw

和田山ICから山陽道へ、そこからひたすら山陽道w
小谷SAの先に東広島呉自動車道への分岐ができていて
これは便利になったw
まだ前面開通していないけど呉にいきやすくなったなぁ

091110
呉到着は夕方。
もうお墓参りはできません・・
10何年かぶりにおばのところへいき泊めてもらいました
突然もうしわけなかったなぁ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月30日 (月)

ぶらぶら旅 2日目と3日目

さて2日目 

山を下りて上信越道までもどと一路日本海へ
091001_2

夜出石へつければと思い走るもそんなに甘いものではなくw

さすがに眠いし休憩多め。途中、富山で泊まっちゃうかなぁ富山ブラック食べたいし
金沢の街中ぶらつくかなぁ・・などなどおもいながら

結果・・敦賀ICで高速おりるw
この時点で16:00 舞鶴で宿をとろう

あちこち電話しましたよ・・
ようやく1軒部屋がとれました(高かったです・・)
「19:30厳守でおねがいします。夕食の時間なので」

土地勘ないんだけど、到着するものなのかねえ・・

27号をひた走り、小浜から若狭舞鶴道路にのり天橋立へ
まなんとか間に合いまして無事食事いただけました

一日はしってばかりなので途中の写真ありませんw
なんで夕食の写真など
091002_2

翌朝天橋立散歩と智恩寺へ 

091052

中の景色は特別なんということもなくw
自転車借りて走ったらよかったかも
091051
水がきれいですね

さて智恩寺 日本三文殊とさています
091038

091023

091070

091019

多宝塔は国指定重要文化財になってます
091021


境内はネコ
091009

ねこ
091013

091029
ねこー
091076

ネコ~と
921364_573475242709865_1254171991_2

海側に行くと「知恵の輪灯篭 」というのがあります。 この灯篭の輪を3回くぐり抜けると知恵が授けられるとか。
091034
輪っかごしに撮ってみました。この灯篭のよこにあるのが廻旋橋

091026

天橋立の大橋立と小橋立を結び、橋の中央部分が90度回転します

天橋立というと又のぞきですが、今回はパスw ゆっくり時間をつくって着たいですな。

と、朝方ちょとっと散策して、次なる目的地へ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

ぶらぶら旅 1日目

予定を決めずに車でぶらぶらを思い立ち、と、出発は朝6時の予定が目が覚めたらなんと9時w
Dsc_0040

予定を決めずといっても、まずは、久しぶりに馬曲温泉に行きたかったので長野めざして出発

圏央道稲敷IC~外環~関越~上信越を通り
090901

まずは小諸、菱野温泉へ

ホテル常盤館の温泉は、ケーブルカーでのぼりますが、
090902


自分で、発車ボタンおしますw
090903

2台がいったりきたりします
090904

10年ぶり位ですかね、
見晴らしのよい風呂からは、八ヶ岳、富士、佐久平の大パノラマしかし、木々がそだってしまって、昔より見晴らしが・・ww

とはいえ、開放的になれるので好きな所です
M_090905

ここから再度上信越にのり豊田飯山まで、そこから木島平をめざし

馬曲温泉 望郷の湯
090907

090913

もう、景色が最高なんすー
090908
もともと棚田であったところを温泉公園としているのですが、遮る物が全くない!雪景色が最高らしいですが、雪の時期ここにくる勇気がない・・・w

朝は雲海が見られました
090912

この温泉のちょっと下(歩けるとこです)に宿泊施設がありまして完全に素泊まり。炊飯器具もかしてもらえますから湯治用でしょうかね。湯治にむいた泉質ではないかもしれませんがw
今回ここで1泊しました

食事は出ませんから、温泉の休憩所で
090910
おいしかったですが、量が少ないw

蕎麦は雄山火口(オヤマボクチ)というヤマゴボウを繋ぎにつかった蕎麦でした。おいしかったな


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

温泉天国

母の実家から一枚
Dsc00041 海と山と空がありますなー

クリックすると大きくなります

ぼたん桜も満開であったが、これは後日公開

本日は湯河原の温泉へGO!

朝8時からやっているその温泉は非常に温度が高い
源泉掛け流しなので温度調整が難しいらしい

9:30くらいに到着
Dsc00048 このような趣のある路地をはいっていくと



でてきたか?
Dsc00049 ままねの湯



これぢゃ
Dsc00050 こちらは宿泊用の入り口



日帰り温泉で入るひとは左側の入り口から
はいる

Dsc00051 とってもシンプルな脱衣所

正面が男湯
左側が女湯

入ると番台?
Dsc00052 なんとこのご時勢に
2時間200円すよ


もっとも・・・・
熱くて2時間はきつい

いや、はいりつづけなきゃいいのか

切り傷などに良いとかでフリークライミングをしている従兄弟は
上ったあとここに来ているらしい

指先の傷の治りがはやいとか

Dsc00053 言われていたほど熱くなかったのは
オープンから2時間ちかく経過して
いたためか?
親父も従兄弟も歯を食いしばっていたけど(笑


その従兄弟がいつも行っているのが幕山
ロッククライミングの場所として有名なところで
こういうイベントも行われていると。

小雨のなかクライミングをしている人が
Dsc00055
ちょいとぼけた

クリックすると人がいるのわかるです


従兄弟はここで自分の開拓したルートがあるとかで
名前がついていますね
けっこう恥ずかしいルート名が(笑

今、ここで問題がおこっている
一人のクライマーがゲレンデを作るために許可無く伐採。
伐採の仕方が無関係の木々にまでおよんでいるとかで
クライマーや、ガイドの方が困っているらしい

クライマー同士・・というわけにも行かないのだろうね

さて昼食は
一部で有名な鳥取
昔ながらの醤油ラーメン
年配のご夫婦二人できりもりをされています

Dsc00057
母の実家のお墓がある
お寺さんの近くだったりする


 

Dsc00058

これはチャーシュー麺


普通のラーメン500円はやすいかもしれぬ。

うーん今日はいつも以上にとりとめなくなったな(笑

明日から仕事ぢゃがんばりましょう

しかり頼むぞ新人君たち

| | コメント (5) | トラックバック (0)