« おやじ殿 | トップページ | 蕎麦の日 × 2 »

2009年1月25日 (日)

その日は意外と早くきて

雪でした
寒い一日でした~

先生から、重篤な状態から脱したといわれた親父殿。

髭兄が病院についてくれたので、朝病院に
今朝も昨日より顔色がよく、血圧も昨日より安定していて、ちょっと眠そうだったけど、
「飯がくえなかったよ~」なんて会話をしました

おとといあたりから、寂しいを繰り返すようになり個室ではなく、ナースステーション横の部屋で看護婦さんたちみながら過ごせることで寂しさを紛らわすことがきました
「TVが見れねえ」とかわがままをいいながら(笑

夜中ついているときは、暑い、寒いをくりかえし、そのつどおこされるので、こっちも切れてしまうことがありましたが(汗
さらに、冷たくすることも多々ありまして・・

まだまだ人間できてません・・・・(反省

2月になったらリハビリ再開だなんて先生とも話しをしていましたが、その日がくるのが意外なくらいはやくて


急変してしまいました


心臓と肺が同時に停止したような感じです

お袋は末期のがんでしたので、心の準備ができましたが、親父殿は回復傾向にあるとおもってまいした。
手が震え、頭が真っ白になりました。こんな感じなんだなぁと・・・

ずいぶんがんばってきました。苦しかったとおもいます。
思うように動かなくなった体に苛立ち、この後どうなるのかという不安に悩まされ・・・

苦しさから解放されたのだと、今は思うようにしています


いくつも、心残りなことはありますが、
「親父の息子でよかった」と言いたかったですね

|

« おやじ殿 | トップページ | 蕎麦の日 × 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その日は意外と早くきて:

« おやじ殿 | トップページ | 蕎麦の日 × 2 »