« 初詣 | トップページ | ISOの道 »

2008年1月 8日 (火)

福岡3児死亡事故

福岡でおきた幼児3人が死亡した飲酒運転事故の判決がでた

危険運転致死傷罪に問われるか注目されていたものだ
この事故のあと飲酒運転に対する世の中の見方が変わってきた事故(事件)だ

判決は業務上過失致死傷罪で懲役7年6カ月

裁判長は福岡地裁の川口宰護

いくつかポイントがあるのだが
「脇見が原因と認められ」
「車を時速80~100キロに加速させたからといって、それが異常な運転であったとまでは言えない」
発言を切り取らせてもらったのだが、原因が脇見運転で、その時に100キロ位で走行していたがそれは異常ではない
脇見運転が12秒くらいであったとの報道もあった
100キロの速度で12秒も脇見運転していても異常ではないと。
酒気帯びでそれをやっても異常運転ではないと。
川口宰護裁判長この解釈でよいのですかい?

白バイがスクールバスに突っ込んで自爆し、なぜかバスの運転手が有罪になったのも異常なほどの警察の捜査と、つるんでいるとしか思えない地方の裁判所の判決があった

以前このブログでも書いた「根本事件」ってのも地方ならではの事件だ

裁判所って結構駄目なんですかね?

|

« 初詣 | トップページ | ISOの道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡3児死亡事故:

» エコバッグ [,福岡3児死亡事故]
次の記事も楽しみにしています。 [続きを読む]

受信: 2008年1月16日 (水) 22時59分

« 初詣 | トップページ | ISOの道 »