« 残念・・ | トップページ | 初心者な高齢者? »

2007年12月 1日 (土)

お葬式

母の葬儀の際お世話になった方がなくなられた

肺ガンと闘っていたのだが大変残念な結果となった
ガンとの戦いは大変であったろう

ご冥福をお祈りしたい


おいらの住んでいる町は過疎の町
そんな町の中でおいらの住んでいるこの地区は光ファイバーがひかれている

画期的なことなのだが、これを実現させるために尽力された方の一人であった


通夜と告別式を手伝いお別れをしてきた
会場は母の葬儀と同じ場所

参列されていた方に
「お母さんの時のこと思い出すわね」と声をかけていただいた

そう、思い出すものがある

|

« 残念・・ | トップページ | 初心者な高齢者? »

コメント

お手伝い等等お疲れ様でしたね。

地域の為や人の為に尽くしてた人は
人の心に残ります。

つといは、なかなか達成できないな(^_^;)

投稿: chisha | 2007年12月 3日 (月) 10時18分

初めまして\(^o^)/
これが僕のHNで、これで通しています(^^♪

あのお手伝いは本当に助かりました。
短時間で、あんなに立派なリストに整理して戴きました。 プリントアウトが些か拙速に過ぎたかなと、忸怩たる思いです(^^ゞ

今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

投稿: Romeo | 2007年12月 4日 (火) 02時32分

僕にとっては、また一つの昭和が終わったと云う思いが強い。 僕の父親とは中間ぐらいの年代の方なのだが、戦前からの激動の時代を生き抜いてきた人の独特の雰囲気を残しておられる方だった。
 
 それでいてPCも英語も得意で、僕達をリードできる能力の持ち主だった。 PCについては、パンナム勤務時代は教官として、定年後も後輩たちの面倒をよく見ておられた。 葬儀に大勢の会社関係の女性の弔問客が見えておられたのも、そんな御縁だったのだろう。 PCはハイスペックの、ご本人が戦艦大和級と笑っておられたのを何度か組み立てられた程であり、技術的にも優れておられた。
 またウィットに富んだ英語の小話等もよくメールして戴いて勉強になった。 

 又、Tacさん?が言われたように、ADSL,FTTHの導入時にも、本当によく御尽力戴いた。 彼なくしては難しかったと云っても過言ではない。
 ADSL導入時、彼の所はNTTの手違いでターミナルブリッジが残っていた為、殆ど速度が出なかった。 長いNTTとの折衝の末それが解消された時、突如として1Mbps超の速度が出た時の、彼の喜び様、「やったぜ、ベイビー!」のメール!、今もその感動の心情が思い起こされる。
 その後,BFletsが導入されてからは、それは微笑ましい笑い話の思い出になってしまった。
等々思い出は尽きない・・・・・

 昭和の話の通じる、技術的の、英語の、又くだけた話も通じる気の置けない親しい先輩でもあり、友人でもあり、人生の師でもある方を失った。 もっともっと語りたかったがその機会も永遠に失われてしまった。 
 これからは思い出の中に、引き継がれて、いつかは・・それも・・・

 死の淵から守ってくれていた壁も、又一つ崩れ、段々と自分の番も近づいて来たと云う思いもある。 

 長い間、御苦労さまでした、合掌!

投稿: Romeo | 2007年12月 4日 (火) 03時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41322/9204658

この記事へのトラックバック一覧です: お葬式:

« 残念・・ | トップページ | 初心者な高齢者? »