« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

おつや

友人の父上の通夜にいった

会社を早退し会場へむかう

友人とはいえ、会うのは20年ふりくらいだろうか

ずいぶん長いこと会っていなかったが、会った瞬間時間が戻る
不思議なものだ

和尚さんは旧来の親交がある方らしい
80を越える高齢の方であった

この和尚さんが


すげー変

焼香がすんでいないのにお経やめて祭壇横に控えている
親族の横にすわちゃうし

焼香がおわって「ちょっといいですか」とマイクもって話はじめる


昔、知人の葬儀に無着成恭さんが来たことがあった
隣の町で住職をしていたとかで、子供のころ聞いた電話相談室を思い出した
成恭さんは、お経を上げるたびに「このお経は~をするためのお経です」
とか、仏教の、それこそ一般人が知ることができない世界を優しく説いて
くれた

そんなことをするのかなとおもいきや

故人との思い出話がはじまった

しかも何言っているんだかききとれねー

さらに、よっぽど仲がよかったのでしょうが
「お経を上げたくなかった、今日はきたくなかった」と言い出す

無念だと言いたいのかもしれないが、それぢゃ修行が足りんぞ!!!

まさか30分も坊主の愚痴をきかされるとは思わなかった・・・・・・

おいら人間できてないから途中で嫌になったです


親父さんにはいろいろ世話になりました
ご冥福をお祈りします 合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

本日多忙

朝からユーザ先へモジュール入れ替え
自宅からだと45分
9時前についたが既にみなさん元気にお仕事中

うちの会社ぢゃまだ社員出そろってない時間だな・・・・

社にもどり資料の整理
未提出チーム多々あり

もー切れた
督促メールには社長にCCつけたる

社長さん来て
みんな報告出してこないの?どーしよっか?

どーしたもんですかねー(怒

体調を崩し休んでいる社員が顔を出した
だいぶ調子がよくなってきているようだ
ちょっと安心

資料整理が終わり次ぎへとおもったら
あのー・・・・
またしても相談窓口開設となった

と、いろいろあって自分の仕事が全然できていない
今日このごろ

そんな今日


友人の父上が亡くなったと連絡。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

潮屋

昨日は兄一家がきて、昼食はバイキングにいったんだが
バイキングにいくと、食べられなくなったなぁとつくづく感じるのは
歳のせい?

前に那須の大丸温泉に友人と行ったとき昼食はバイキングに
したのだけれど、

食えない

持ってきたものが胃袋にはいっていかない

車での移動とはいえ朝4時に出発しての日帰り強行軍
(ツーリング好きなライダーには通常取り扱いらしいですが)

胃袋も疲れていたのでしょうか・・・

バイキングは絶対元がとれないね
「食い放題」は心惹かれる文字列だけど(笑


で、表題の潮屋
Photo_13

とっても丁寧なラーメンを作るお店でお客さんも多く
人気店になってきていたのですが

閉店・・・・・・

突如閉店

店主が体調を壊したとかで再開の見込み無しと・・・・

残念だ!!

次は・・
麦屋の新規開店を待とう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

緩和ケア

今日は兄夫婦が次男つれてきてくれた
墓掃除をして食事してちょいとあわただしかったが
父にはよい気分転換・・・

と、おもったけどー

人がくると甘えるんでねやたら吠えまくっていたな

帰ったら「しゅん」としていたってことは、調子に乗って言い過ぎた
と思ったのかもしれぬ(笑

表題の「緩和ケア」
今日のYOMIURI ONLINEに緩和ケアの記事がでている
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060625it01.htm

厚労省、痛み軽視見直し…「初期がん」から緩和ケア

厚生労働省は、末期のがん患者の痛みや心労を取り除く「緩和ケア」を、初期がんを含むがん治療の全段階に導入するため、新しい医療体制を整備することを決めた。

そう、すべての段階で取り入れるべきだ
緩和ケアというものが何であるのかをもっと周知してほしい

緩和ケア=末期 治療はせずに穏やかに生活できるようにする
と思っていたし、そのような表現のパンフをみた

緩和ケア科へ転科しましょうと言われたときに躊躇した

それは末期を宣告することになるではないかと

千葉がんセンターでも理念には

患者さんやご家族の持っている力を生かし、その方らしく
充実した日々が送れるように支援します。

とある

ちょっと前にみたTVで「緩和ケア=終末医療ではないんです」と言う人
がいた
NHKスペシャルで「日本のがん医療を問う!」という番組
1/8のことだった

この番組のことは別のブログに書いたんだけど
緩和ケアは終末医療では無い、そのような誤解は解いていかないと・・
とがんセンターの総長は言っている。

緩和ケア=終末医療という刷り込みがなければ
体力回復まで緩和ケア科に転科と伝えられたのかもしれない

たら、れば、であるけれど・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月21日 (水)

やっと終わった・・・

はずかしながら

ようやく

か、かくていしんこくがおわりました(汗

3ヶ月遅れだもんね
延滞金とられますってそりゃ

金額は後日わかるんだけどさ

職員の方と話ながら作り直しになって(恥
さらに書類間違ってなかったのか怪しいが
あとは野となれ山となれ

午後から会社に出るか、予定通り休みにするか
ちょいと迷ったが、せっかくなんでひさびさに映画なんぞ

おもったが、どの映画も時間があわんとは何事ぢゃ!

2時間まって映画をみる気力もない

では

宿題になっていた「麺屋青山 臼井店」

……結局ラーメンかよ……
今週2杯め。

いかんなぁ・・・・
福一で
来週から特別メニュー始めるらしいよ
とママさんにつぶやかれたし

食い過ぎか(笑

で、青山は、成田店とちがう白濁ラーメンってのがあるらしい

Photo_12
味玉チャーシュー 白濁スープ
隠れてみえないが、青山といえば生クリーム味玉!

んー・・・・・

あれ???

なんか、薄っぺらいんだけど味が
塩辛くないんで食べやすいんだけどね

おかしいな、今日舌の調子わるいかな

青山君は厨房にいないね
おばちゃんやら、お兄ちゃんやらが厨房にみえかくれ

フロアはお姉ちゃんですな。けっこうかわいい

いや、そうではなくて

味・・安定してないのかなぁ

成田とは店の雰囲気もちがって家族連れでも、小さな子供が
いても入りやすそうでいいんだけどね

また機会があったら行くとおもうけど

あれー???

と首をひねりまくる日でありました

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

サッカー

クロアチア戦引き分けかー

厳しいです

ブラジル相手に奇跡の再現なるか?

マイアミの奇跡の時は、GKがそれこそ交通事故みたいな状態で
点がとれたわけだしね

あのときの用に川口のがんばりが期待されます って
攻撃の弱いチームは当然GKが目立つわけで

オリンピックの時の川口は・・そりゃもう目立っていた(笑

クロアチア戦の川口も神がかっていたなぁ
PKとめたし

で、このW杯以降次世代は誰???

次世代いないぢゃんねー

ファルカンのように次世代の発掘もしてないし
トルシエのように次世代の育成もしてないし

ジーコ好きなんだけど、消耗だけではなぁ

ま、とりあえずブラジル戦がんばってもらいたいですね


時期全日本監督誰だろ・・・・
ブッフバルト?
いやいや、もっと浦和を強くしてください(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

合掌

岩城宏之さんが無くなられました

岩城宏之が振ったコンサートに行ったわけではないですが
ベルリオーズの幻想交響曲のテープは何度も聞いた記憶があります
なんでそんなにはまったんだろ??

初演の鬼とかで黛敏郎作曲の『涅槃交響曲』の初演も岩城宏之
だったとか
この曲は「鐘」の音を音響解析しオーケストラで再現した曲でしたね
題名の無い音楽会でそんな解説を見たです

wikiによると斎藤秀雄門下同時期の同門に小澤征爾、山本直純がいる。

うーむ、大御所だ

クラッシックの裾野を広げるために解りやすい解説でメディアに出た
山本直純、
徹底的に本筋を突き詰めた(つめている)小澤征爾
そして岩木宏之かぁ

山本は、小沢に、「俺はクラッシックを世に広める、お前は追及しろ」
みたいなことを言ってそれぞれのポジションについたと聞いたけど
岩木宏之はなにかそういう話に加わったのだろうか

山本直純は常にベートーベンの交響曲1~9のスコアが頭に
はいっているときいたことがあるけど、岩木宏之も 「振るマラソン」で
ベートーベンの交響曲1~9を一気に演奏

いくらプロとはいえ、オーケストラのみなさんも大変だったことでしょう

んー週末は「バルトの楽園」でも見に行こうかな

さらに残念なことに青木智仁もこの世を去った

12日ぢゃん・・・・誕生日も命日も・・・・・

こっちもショックだ

いまどきデカイ、重いベースを使う人ってなかなかいない
重い音じゃなきゃだめなんだというポリシーに賛成


お二人のご冥福をお祈りします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

6月12日

今日はWカップ日本戦

オーストラリアの監督はヒディンクだからなぁ・・・・・

で、そんなおいらは今日誕生日

誕生日な1枚は・・・

S0047sg

そう力まないでも あるけるものだよ 俺の道  by実篤

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

いよいよ

いよいよワールドカップ

6月からテーマもサッカーにしてみたんですが
日本代表どこまで戦えるでしょうか

楽しみですな

今日は用事があって会社休み。代休なんだけどね

昨夜からずっと書類の見直しをして某役所へいざ行かんとおもったが
体が動かん

まずい・・・・
ただの休みになってしまう、また別の日に休みを取るのは厳しいぞと
言い聞かせたのに

体がうごかん

午前中ぐったり

あきらめて今日は気分転換をすることに

だるい体をひきずりながら
岩盤浴

体温めてリフレッシュとおもったが、岩盤浴でここまで汗が
でたのは初めてだというくらいに吹き出た

やっぱどこかからだのバランス崩れているのか
ビールのんでいないんだけどなぁ
#だから調子が悪いのか(笑

その後状況は悪化の一途

だめだサッカーどころではない
寒気もしてきた

とっとと寝ることにしよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

いかんなぁ

写真の日にUPしてから気がついたらもう1週間もたっていた

いかんなぁ・・・

ちょっとばかし忙しかったってのもありますがね

ここのところ異常にだるくて

年齢を感じさせる・・・
というレベルではなくて

もっと、なんか嫌~な感覚であるです

季節の変わり目ですかな
いままで感じたことなかったけど
もろもろの疲れが出ているのかもしれませぬ

月に一度の検査日に看護婦さんにもいわれました
「絶対今年は負担がかかっていますって」と。
#やっぱ看護婦という響きのほうが良いなぁ・・・・・・

さて

2006年モンドセレクション最高金賞受賞した
河童の誘い水

Dsc00499



父の日用にとおもったけど先週末に届いていたんで
そりゃ飲みますよねえ

芋焼酎はあまり飲まないのですが、飲みやすいし
よいですね

受賞がきまった当日に発注したんで届いたけど
今はどうなんだろ。追加しておくべきだろうか??

さらに(笑

美味しいといわれる
龍神丸
Dsc00500



これも父の日とおもったけど、届いたのが3日
そりゃあけちゃいますって

蔵元は和歌山
生原酒ではなかなか流通ルートが限られてしまいますな

確かに美味しく、よく出来たお酒ですが、これだったら
「松盛」のほうが香りも高くて・・とおもってしまいます

しかし「龍神丸」の大吟醸 生原酒 中取りなんざ
2日で予約完売。
きっと純米とは違う世界がそこにあるのだろうなぁ
と気になってしかたがない今日この頃であるです

うーむ

飲みてぇ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

写真の日

今日 6月1日は 写真の日  

そういえば・・聞いたことがある・・かもしれない

起源はふるいようですね
「この日が定められのは昭和26年です。」とありました
http://www.ffortune.net/calen/kinenbi/06/photo.htm

日本写真協会のHPだと
http://www.psj.or.jp/gekkan/about/gekkan2003.html
なんて書いてありますが

そんな写真の日に
自称「街の撮影家」のおいらはどんな写真をUPすりゃいいのか・・・

Img021sg
             憩

まあ、今日はこんなもんでひとつ よしなに



徹夜の疲れが取れないところに年齢を感じる今日この頃・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »