« 立春 | トップページ | 医療費 »

2006年2月 5日 (日)

男たちの大和をみた

男たちの大和 を見に行きました

親父と従兄弟が前々からみたいね~と言っていたんで、
たまには映画も気分転換になるかなと・・

親父がお袋と来たなぁとか言い出さないかなとちょっと気に
なりましたが・・

映画はやはり戦闘シーンがメインなのでしょうか、もっと人間
のドラマを期待していたんですけどね。

あまり内容には触れませんが、戦闘シーンでの負傷する人間
の表現はいままでの映画のなかで一番痛そうといいますか、
よくここまで描写したものです

ただ、生意気なことを言わせてもらえば、
「編集がちょっと・・・じゃないすか」
となってしまいますか(笑

親父はこの大和が作られた呉の出身です。
祖父は職業軍人。海軍さんです。機関長にまでなったと
聞きました

祖父からはいつも面白おかしく戦争時の話をきいていましたが、
実際には大変な思いをしていたのだろうなと思います。

映画でも呉への爆撃が描かれていましたが、親父は
この空襲にあっています
さすがに「もうだめだ」と思ったと言っていました。

歳のせいか最近特に酔っ払うと
俺はアメリカが嫌いだ。やつら俺の頭の上に爆弾落としやがった
を連発します。

アジアの国々には日本に対し同じ感情を持っている方も
いるでしょうね
しかし、実際に空襲にあった人の思いに対して
どうこう言えません

その恐怖は想像もできません。



さてお話かわって

今日も、バスできた従兄弟を送りに夕方成田空港にいきまして

ついでに出張で全国各地を飛びまくっている友人と
空港で落ち合い近況なんぞを話ていたら体調のことに話が
変わっていき・・歳をかんじる瞬間です(笑

大阪みやげに「おこのみ焼きスナック」もらった
もらっておいて何だがうまいのかな(笑

|

« 立春 | トップページ | 医療費 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男たちの大和をみた:

« 立春 | トップページ | 医療費 »